みんなのブログポータル JUGEM
←prev entry Top next entry→
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
1ポンドの悲しみ
久々に本を読みました。
文庫が出たら必ず買ってる石田衣良の本です。

恋愛小説が最近苦手になってきているので、
恋愛小説の短編ばかりが集うこの本はちょっと読むのが大変でした。


中身としては大人の恋愛、大人の出会い、そんな感じでした。
私は出会い方、アプローチの仕方が今になってもわからないでいるから、
ちょっと参考にはなったかも(痛

心が弱ってるせいか、はじめのお話「ふたりの名前」で泣いてしまった悲しい
だって、それぞれ想いあってるんだもん。
すごくすごくうらやましくて、泣いてしまいました猫

でもやっぱり石田さんはミステリーみたいな感じの方がいいな。
| toa | Books | comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
2007/07/19 12:37 AM posted by: toa
私はね、フィクションなのに
「チッ」って羨ましく思ってしまうんだよね〜。
で、現実の自分とくらべて寂しくなるんだ。
2007/07/18 10:34 PM posted by: みんみん
あたしも恋愛小説は苦手。
うまくいかない自分が浮き彫りにされるから。
name:
email:
url:
comments:
Trackback
トラックバック機能は終了しました。